お手軽で楽しめるバスツアー

関西発の高速バスを利用して富士山登山

富士山の山開きは7月1日です。

この日を契機に山小屋が次々と営業を始め、一般の登山者たちが登り始めます。7月から9月上旬までの2か月余りが富士登山のシーズンです。シーズン序盤はまだ梅雨の真っ盛りで晴れる日もあります、が山の上はまだ寒く年によっては一部に残雪の心配もあります。梅雨明け10日という言葉があるように、梅雨明け宣言された日から10日間ほどは安定した高気圧の影響で、晴れの日が続くとされています。子供たちが夏休みを迎えるのもちょうどこの時期です。

夏休みの序盤で日程を組むのなら、この梅雨明け10日以内がおすすめです。ただし梅雨明け最初の週末は登山者が殺到します。一泊二日でる場合山小屋も混雑します。梅雨明け以降も週末は圧倒的に混雑しますから、できる限り平日に休みをとって日程を組んでください。富士山の登山ルートは四つあります。吉田ルート、富士宮ルート、須走ルート、御殿場ルートですが富士登山者の過半数が利用する人気NO1のルートが、吉田ルートです。首都圏から交通の便もよく山小屋などの施設も豊富です。

関西発で吉田ルートを利用して富士山に行く場合は車、電車、高速バスを利用する方法があります。車の場合中央自動車道の河口湖ICから富士スバルラインに入り、富士スバルライン5合目に向かい電車の場合はJR中央本線大月駅から富士急行で富士山駅で下車して、そこから登山バスで富士スバルラインに向かいます。関西発の高速バスの場合は、大阪市内・京都駅から近鉄バスで河口湖駅・富士山駅に向かい、登山バスでスバルラインを目ざします。関西発の高速バスを利用すれば、簡単に富士登山が楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *