トイレで水漏れ等の修理が必要なら

トイレのレバーを回してないのにずっと便器に水が流れ続ける、いつもタンクの中からチョロチョロと水の音が聞こえてくる、便器と床の隙間から水がしみ出す等、こんなトラブルに遭遇した方もいるはずです。トレイは日々の暮らしに欠かせない設備であり、少しでも使い勝手が悪くなれば、快適な生活が実現できないこともあり得ます。できるだけ速やかに修理することが肝心です。まずトイレのトラブルで目立つのが水漏れ。

その原因の多くがタンク内のパーツに求められます。ここには狭い空間に幾つものパーツが格納されており、これらのパーツが経年劣化や故障を起こすことで、水漏れが発生します。例えばボールタップのパッキンが亀裂や変形すると、給水管からタンクへの給水調節がうまくいかなくなり、いつまでも水の給水状態が続きます。それがタンク内から水音として聞こえるのです。

同じくフロートバルブに異常が生じた場合にも、便器への水量調整ができなくなり、流水し続けることになります。またオーバーフロート管に亀裂や隙間あるいは本体が折れてしまうと、一定の水位が保てなくなり、タンクから水漏れしたりあふれ出すこともあります。最悪のケースではタンクごと交換することもあります。これらのパーツが経年劣化や故障を起こすと、修理では丸ごと交換するのが通常。

ただし一定以上の知識や技術が必要な上、パーツによっては素人の方が手に入れにくい場合もあります。したがって自信のない方は無理せずに、はじめから専門のトイレ修理会社へ依頼することをおすすめします。トイレ水漏れの修理のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*