排水管つまりを修理する方法

住宅の設備のトラブルで直ぐに修理する必要があるのに、排水管つまりがあります。排水管は大抵床下や地面の下に埋設している場合が多いので、どこに設置されているかわからないのと、つまり箇所の特定も困難です。ここでは排水管つまりが発生した場合の対処方法を説明します。まず専門の業者へ修理依頼をする前に、可能な限り現状調査を行って下さい。

トイレや風呂場、台所など、どの住宅設備で排水管つまりが発生したのか確認する事が大切です。例えばトイレはつまって流れないけれど、他の設備は問題なく流れるのであれば、トイレ単独の排水管がつまっていることになります。逆に全ての設備の排水が不可能ならば、メイン排水管がつまっています。このようにして業者さんに説明会できるよう、ある程度つまり箇所を絞り込んで下さい。

次に水道水の元栓の位置を確認しましょう。排水管つまりの修理を行う前に、業者さんから元栓閉止の協力を求められるケースが多いです。集合住宅ならば玄関の扉の横のメーターボックス内の設置してあることが多いので、事前にチェックするか管理人さんに確認しておきましょう。そして修理業者さんに依頼となりますが、近所で古くから開業している修理業者さんか賃貸住宅ならば管理会社さんへ連絡して下さい。

予め排水管つまりの状況をメモしておき、伝えたい内容に抜けがないようにしておくと、修理の対応が早いです。自宅に業者さんが到着したらスムーズに修理できるよう、掃除しておくことも重要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*