排水管つまりの対処法

排水管は中が見えないため、つまっているかどうか見極めにくいことが難点です。生活するには水回りは必要不可欠ですし、家の中には何個もあるため管理が行き届かないこともあるでしょう。しかし、水回りのキッチン・お風呂・トイレ・洗濯機などは毎日使う特徴があるため、汚れがつきやすいことも原因です。排水管つまりがいきなり起こってしまったら、困ります。

生活していると、髪の毛・油汚れ・石鹸カス・皮脂汚れなどが排水管に日々流れています。これらの成分の特徴を利用して重曹とクエン酸を混ぜた液を使うことによって、汚れを落とすことが可能です。しかし、これらは髪の毛には効果がないことと詰まりがひどいときには解消されない場合があるので、水の流れがイマイチだなと感じる程度のときに向いている方法です。排水管つまりに直接アプローチする、ラバーカップなどで繰り返し強力な圧をかける方法もあります。

そうすることで、つまった汚れを解消させることができるのです。他にも、真空式パイプクリーナーも同じ効果を得られます。しかし、つまりの原因が汚れではなく異物を流してしまったことだった場合、余計つまりを悪化させてしまう恐れもあります。原因が不透明なときは、専門の会社に依頼した方が安心かもしれません。

会社に依頼する場合、軽度なつまりだと1万円弱で修理できますが、特殊な道具を使うときは費用が追加されてしまうので、事前に見積もりを聞いておくと安心です。このようなことを参考に、排水管つまりを対処しましょう。排水管つまりのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*