悪臭を伴う排水管つまりの原因とは?

水周りのトラブルは水漏れと詰まりなどがありますが、水漏れの場合は給水設備と排水設備の2つに分かれるけれど詰まりにおいては排水管つまりや排水溝の詰まりなどがあり、いずれも汚水を流す機能が損なわれるなどの特徴を持ちます。キッチンのシンクには水が流れる排水溝があり、ここは真上から除けば内部を見ることはできます。しかし、排水管つまりは文字通り排水管と呼ぶパイプ内部で詰まるものですから、直接何が詰まっているのかがわかりません。キッチンのシンク下側や洗面所の下側は収納スペースになっていることが多いかと思われますが、扉を開けるとU字型をしているパイプがあるのを見ることができます。

U字などのような複雑な形をしている理由は、下水から上がって来る悪臭を住居内に入らせない工夫によるもので、仮にまっすぐ伸びるような形で排水管を設置すると排水溝からは常に悪臭が室内に漂うようになってしまいます。ただ、このような複雑な形をしているため排水管つまりが起こりやすくなるなどのデメリットがないわけではありません。詰まりやすい部分はU字型のパイプであれば下側部分、ここはキッチンであれば食材のカスなどが蓄積してヘドロとなり、さらに食材のカスが流れて来るとヘドロと絡み合って詰まりを引き起こします。そのままにしておけば内部には大量の汚物が蓄積され水が流れなくなる、逆流などのトラブルを引き起こすこともあるため早めに汚物を取り除くことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*