排水管つまりを改善さえる対処方法

台所などは料理をするために欠かせない箇所ですが、正しく使用しないと排水管つまりといった症状があらわれる事がおおくあります。そのまま流れが悪い状態で使用し続けると、最終的に水が全く流れないといった状態になります。そのため排水管詰まりの症状がでたら、早めに対処することが重要です。では実際に対処する方法ですが、まずは排水管のあるシンクなどを綺麗に掃除します。

余計な汚れなどが流れてしまいます。周りを綺麗にした状態にしてから、まずは排水口トラップを取り外します。排水口のトラップを外すことで、排水管の入口が見えるようにする事が目的です。次に余計なゴミなどが再び流れないことを防ぐため、不用なタオルなどを使用して排水管つまりのある入口に詰めていきます。

タオルを綺麗に詰めた後は、一度蓋をしてシンク事態にお湯を貯めていきます。お湯の温度はネットではなく、70度前後が望ましいです。シンクにお湯が貯まったら、排水口にした蓋をはずすことでお湯を流れていきます。お湯の勢いによって詰まった原因部室が押し流されると同時に、油などの塊がお湯で溶かされることで流れを改善できるのが目的です。

ただしこのタオルとお湯を使用した対処方法は、一時的な方法となります。この方法を利用することで解消する場合もありますが、それでも排水管つまりが改善しないのであれば専門の企業に依頼する事がポイントです。専門の企業であれば正しく安全に、修理してもらう事ができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*