流し台の排水管つまりを自分でするための必須道具

水まわり設備というものは、学校や会社・家庭などでは全員が共有するスペースです。一般家庭であれば特にキッチンに備わっている流し台は調理をする場所でもあるため、日頃から野菜や魚などの細かいゴミも一緒に流しながら清潔に使われていることでしょう。これらのゴミは排水管を伝って下水道へと流れ出ていきますが、排水管は日本工業規格で直径4cmと定められており異物が詰まりやすい箇所です。排水の流れが悪く、ボコボコと音がするという現象に遭遇されたことはありませんか。

これは排水管つまりを起こしている現象です。この排水菅つまりは比較的どのご家庭でも起こりやすいものです。そのため自分で修理をおこなって対応できる道具も販売されています。排水管つまりを修理するのに使用する道具は、「ワイヤーブラシ」という名称です。

ホームセンターやECサイトで販売されており、1つ約1、500円前後で購入することが可能です。この「ワイヤーブラシ」は排水管つまりを自分で直すための必須道具であり、日頃から自宅内に備えておくといいでしょう。修理する時は流し台の排水口からブラシを挿入して、前後左右に小刻みに動かしながら奥へと押し進めていきます。計4回程度出し入れをすれば異物は下水管へと押し流されるので、元通りの排水管となって汚水を流せます。

年2回ぐらいは何ら異常がなくても排水管内を掃除すれば、排水管つまりを起こしにくくなるので実施してみましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*