排水管つまりは完全につまる前に解決しよう

キッチンの排水がよくない、お風呂の水が流れにくいといったときは排水管つまりが考えられます。排水管は本来、水が流れるところですが、長く使用しているうちに誤って異物を流したり、付着した汚れが蓄積して水の流れにくい状態になってしまいます。そんな状態のまま放置するとますます悪くなり、ボコボコと音がする、逆流するという状況になります。主な原因は場所によって異なりますが、キッチンの場合は食べ残しや野菜くず、油汚れや食器洗剤などが原因になりやすいです。

野菜くずなどはゴミ受けカゴやネットできちんと受け止めればあまり問題にはなりませんが、調理用油は粘度が高く流すたびに少しずつ排水管の中に付着して固まり、次第に水が流れにくくなります。お風呂の場合は髪の毛や石鹸カス・シャンプーカス、皮脂や垢などが原因です。髪の毛などはネットで流れるのを防げばよいのですが、そのまま流しているとつまりの原因になります。排水管つまりの対処方法はキッチンとお風呂では少し違います。

キッチンの場合は、原因は油汚れなのでそれを取り除いてやります。少し高めの温度のお湯をいったんシンクにためおき、一気に流し込みます。完全に詰まる前ならこれで解決できますし、軽いつまりであればわざわざお湯を溜めなくても流し込むだけで解決することもあります。お風呂の排水管つまりの原因は髪の毛や石鹸カスです。

お風呂の排水溝もこまめにメンテナンスしていればよいのですが、怠るとつまりやすくなります。そうした場合は排水溝にワイヤーを入れて髪の毛をかきだしたり、パイプクリーナーで蓄積した汚れを溶かしてやります。ほとんどはこれで解決しますが、それでも流れがよくならない場合は完全につまる前に専門事業者に解決を依頼した方がよいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*