お風呂が詰まる浴槽つまりの原因

お風呂が詰まる要因は様々で、多くは浴槽つまりを引き起こす要因は、浴槽内の排水機構に異物が詰まることで引き起こされます。浴槽つまりの多くは、浴槽内の配管が主で異物の正体については、石鹸カスの他髪の毛が挙げられます。特に髪の毛は水やお湯で流しても塊となってしまった場合、溶かさない限り取り除くことが出来ないのです。もちろん石鹸カスにおいても同様に水で配管を洗い流そうとしても流れ落ちずこびり付くことが多いのでこちらも同様、溶かす手法で解決を図ります。

溶かした対処する場合においては、詰まっている異物は髪の毛や石鹸カスであると仮定した場合、アルカリ性または酸性であるため、酸性の溶液を用いて異物を取り除きます。しかしながら、溶かす手法は同時に配管を傷めるため、あえてその他の手法を用いて対処することも可能です。例えば、配管内部を真空引きすることにより吸い出す手法と言う物があります。真空引きとは、ポンプを用いて配管内の水を急速に吸い込み同時に異物もポンプ内に吸い込みます。

異物の多くは奥に入り込むことで取れない状況下にあり、多くは第3者が押し込むことで取れなくなります。そこで押してダメなら引いてみる手法を用いて、異物を引っ張り出すために吸い込ませる手法を用いるのです。この手法は、道具をそろえる必要がありますがホームセンターなどで道具を簡単にそろえることが可能で、誰でも扱うことが出来る器具ですので浴槽つまりを改善させるにはうってつけの手段の一つになります。特に大きな固形物においては、ラバーカップのような真空状態を作り出し吸引する清掃具を使用すれば、取れる可能性がありますので配管を傷める薬剤を使用するより安全です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*