水漏れトラブルを修理するまでの応急処置

水漏れトラブルを修理するまでの応急処置は、元栓や台所や洗面所など各所に設けられている止水栓を閉めるところからがスタートです。前者も後者も対処法として差異はないものの、元栓を閉める場合は緊急時や完全に水の流れを止めたいケースに、止水栓を閉める場合は元栓の場所が分からない時や特定の箇所だけで済ませたいケースにそれぞれ分類できます。修理しなくてはならない水漏れトラブルが起きた場所が洗面所でも台所でも、まずは濡れた個所を拭かなくてはならないです。濡れている箇所を拭かなければ壁や床にカビが生え、腐っていくリスクが高まります。

あとは水漏れトラブルに強い修理が出来る業者に依頼するだけですが、場合によっては業者が休みで依頼できなかったり、予約がいっぱいでその日のうちに解決できなかったりなど水漏れトラブルの修理が長引くケースは珍しくないです。こうした場合は業者が来るまで水の流れを止めるのは不便であるため、配管補修用テープやバケツを使います。配管補修用テープはホームセンターなどで市販されているので入手には困らないです。種類は様々ありますが、使い方は共通しており、水が漏れている箇所にテープをぐるぐる巻きにします。

バケツはテープを巻いた排水管や蛇口から漏れ出た水を蓄えておくために置いておきますが、あくまでもこれらは見える範囲での処置であって、床下など見えない個所における応急処置はなく、この場合は元栓を閉めたり開けたりする作業を交互に行いながら、業者が来るのを待つしかないです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*