水漏れが起きたトラブルの原因及び修理方法

住宅の水漏れの原因は漏水や配管不備など様々な原因がありますが、どの様な現象が起きたときはまず水道業者に状況を伝えることが先決です。配管が劣化して水漏れが起きると住宅の外で水漏れが起きたときは土などが吸収してくれるため、業者を早めに呼んで修理をしてもらえれば特に問題なく、収まります。ですが、マンション(集合住宅)の場合は賃貸や分譲に限らず、上層階から水漏れが起こった場合、漏れが起きた場所にもよりますが、住民のトラブルになる可能性が多大にあります。勿論、上の階の住民の方に非はありませんのそこまでのトラブルに発展することはありませんが、責任はオーナーや管理会社にあります。

自然災害の場合は住民トラブルの問題になることはなく、修理を迅速に行えば問題ありません。冬場に水漏れがおこってしまうと気温によって、水が凍ってしまい、排水の邪魔になる問題もありますので早急の修理と凍結部分の排除が必要になりますが、配管を取り換える必要がある場合は即日の対処ができない場合もありますので、代替え品を使用する場合もあります。近年賃貸マンションを管理施工している会社で問題が起こっており、配管の漏れを分かった上で引き渡しをおこなう業者もいるため、引き渡しの際は注意が必要になります。戸建ての場合は持ち主が日ごろから水道の出具合などもきにしながら、2年に一回くらいは水道業者に確認を取ってもらうのが一番安全で確実になりますのでお勧めします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*