雨漏りの修理費用の相場

雨漏りの修理費用は、ビルやマンション、戸建てなどによって異なります。雨漏りの修理を行う際には、まずどこが原因なのかを突き止めることが大切です。発生箇所が不明の場合、修繕ができませんし、きちんと直さないと何度も雨漏りで悩まされることになりますから、技術のある業者に依頼することが大切です。戸建ての場合、屋根の修理は20~90万円程度が相場で、ビルやマンションの場合は100万円前後はかかってしまいます。

ただ、傷みが激しい場合などは、リフォームでは対応できず、建て替えが必要となる場合もありますから、被害を最小限にくい止めるため、気がついた時にはできるだけ速く修理を依頼する事が大切です。天井にシミがあったり、部屋がカビ臭いというような場合には、雨漏りをしている可能性があります。天井にシミがあるという場合、内部にまで雨水が浸入している状態ですから、かなり重症といえます。こういった雨漏りを放置していると、家の内側は腐食が進んでしまい、屋根全体を貼り替えるなど、大がかりな雨漏りの修理が必要となってしまいますから、定期的に家のメンテナンスを行うことが家を長持ちさせるためには必要不可欠といえます。

戸建て住宅の場合は、10年に1度の外壁塗装の塗り替えが必要となります。1度の塗り替えで、100万円前後の費用がかかってしまいますが、そのまま何もせずに放置していると、屋根や外壁の防水機能がなくなってしまい、雨水が浸入して雨漏りなどが起こってしまいます。そうなると、塗装の塗り直しよりも高額はリフォーム代がかかってしまいますから、定期的に行うメンテナンスは重要といえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*