建材の傷みが酷い実家の雨漏りを解消した体験談

私の両親が住んでいる二階建ての実家は私が生まれる前に中古で購入した物件なので築年数がとても長く、建材の傷みが所々に生じているのが悩みでした。特に屋根の部分はトタン板がサビで変色していたこともあり、雨漏りに見舞われることを心配していました。両親は目立ったトラブルが無いことを理由に実家の修繕を怠っていましたが、大雨が降った次の日に二階の部屋が雨水で濡れていたのを見つけたことから考えを改め、修繕作業を了承してくれました。リフォーム工事の専門業者が天井裏を確認すると梁を含めた建材の多くが雨水を吸い込んで黒く変色していました。

場所によってはカビが生えて腐食が進んでいたことから、雨漏りに至るまで長い月日をかけて雨水の浸食が進んでいたことがわかりました。また、屋根のトタンもサビによって穴が空いていたことから、修繕作業は建材を丸ごと取り換える大掛かりなものになりました。実家を取り囲むように作業用の足場を組むことになった際、生活の場が騒がしくなることを理由に両親が作業を渋っていましたが、建材の傷みを放置すると実家が倒壊する危険があることを説明したことでようやく納得してくれました。修繕作業は建材を交換する他、屋根や壁の塗り直しも併せて行ったので新築物件のように見栄えが良くなりました。

両親も綺麗になった実家の外観にとても満足した他、雨漏りの心配が無くなったことで実家暮らしを長く続けることが可能になったのを喜んでいました。現在では私も両親と一緒になって、不具合が解消された実家での暮らしを満喫しています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*