自宅の雨漏り工事への対処で居住性が改善した話

TOSHIBA Exif JPEG

家族で暮らしている住宅は両親が子供の頃に建てた古い造りなので建材の劣化が進み、傷みが生じているのが悩みでした。特に二階部分の屋根は一度も修理を行ったことが無いので建材の損傷が進んでいることを危惧していましたが、今まで生活に影響が生じる程のトラブルが無かったため、特に対処せずそのまま放置していました。そのため、大雨が降った後に室内が水で濡れていた時も雨漏りが生じたことに気付くのが遅れてしまいました。天井に雨水が原因の黒いシミが大きく拡がり、雨が降る度に室内の同じ場所が濡れていることがわかってからようやく雨漏りが起きていることを自覚しました。

急いで修理業者に作業を依頼しましたが、天井裏の梁をはじめとする建材の多くが腐食していたため丸ごと交換する必要があり、工事は大掛かりなものになってしまいました。また、屋根のトタンがサビに覆われていたことも判明したので併せて交換を依頼した他、建物の壁に防水性を向上させる塗装を行うこともお願いしました。雨漏りの予防効果の他に見栄えも良くなったことから私を含む家族全員がリフォーム工事に満足することが出来ました。現在では工事による防水性の向上によって室内が雨水で濡れる心配が無く、毎日を快適に暮らすことが可能になっています。

また、トラブルの再発を防ぐために定期的に建物の点検作業を専門業者に依頼すると共に、自分でも壁や天井裏の状態を確認して居住性の維持に努めています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*