家族全員が暮らす実家で起きた雨漏りを解消した話

私が子供の頃から暮らしている実家は祖父母から続く家族全員の思い出が詰まった場なので、日頃からこまめに掃除や塗装の塗り直しを行って良好な状態を保つように努めていました。しかし経年劣化による建材の傷みは素人作業では防ぐことが出来ず、遂に大雨が降ったのをきっかけに雨漏りが生じてしまいました。当初は雨漏りであることに気づかず、家族の誰かが水道水をこぼしたと誤解していました。しかし、雨が降る度に同じ場所が濡れることや、天井に黒いシミが出来ていたことに気づいた父が天井裏を覗いたことでようやく重大な不具合に見舞われていることを知ることが出来ました。

梁を含めた屋根裏の建材が雨水を吸い込んで腐食していたため、早急な修繕が必要であることを痛感しました。市内にあるリフォーム業者に状態の確認を依頼したところ、家が倒壊する危険が高いのですぐに適切な修理を行う必要があると注意されました。修理作業は傷んだ建材を新品に取り換える大掛かりな内容だったことから費用も高額になりましたが、家族全員が気持ち良く暮らす場であったことや思い出が詰まっていることもあり、出来るだけ建物の外観を保ちながら不具合を解消することをお願いしました。業者による修繕作業は建材の交換だけではなく、防水性を向上させる塗装作業も併せて行ったので当初の予定以上の日数がかかりました。

しかし、適切な修繕作業を行ったことにより現在では雨漏りが再発する心配が無く、居住性が改善された実家で家族一同が快適に生活出来るようになっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*