経済的に困難な場合の市原市での葬儀

人が亡くなれば葬儀をしなければなりませんが、地域や会社、学校などの関係者までを含めた大勢の参列者をともなうため、遺族の経済的な負担は計り知れないものがあります。
たとえば市原市を含む関東圏での一般的な葬儀の費用は200万円以上といわれており、中流家庭でさえもなかなかその負担に耐えられるものではありません。

市原で葬儀に関するお悩み解決にはこちらです。

市原市内の民間の葬儀社でも、こうした事情を考慮して祭壇などをできるだけ小規模にしたプランを企画していたりもしますが、それ以上に経済的な困難が大きい場合には、市民葬の制度を活用する方法もあります。

市原市の場合は、市民の経済的な負担を減らすことを目的とした市民葬のプランをあらかじめ用意しており、最寄りの葬儀社に相談をすれば利用することが可能です。



内容としては民間で火葬式とよばれるものに近いと考えればよく、多人数の参列を予定する場合には適しませんので、その点だけはあらかじめ了解のもとで依頼をする必要があります。セットのなかに含まれる物品やサービスとしては、亡くなった人を納める御棺と骨壷、枕飾りなどに用いる祭壇や仏具、遺影として大きくひきのばした写真、火葬場に運搬するための霊柩車などが挙げられます。

自宅ではなく民間の葬祭ホールを利用するのであれば、その借り上げ費用についても市民葬のなかに含まれます。


市原市は総じて物価が高い面がありますが、このようなプランを使えば最低限の葬儀を執り行うことが可能です。