市原市内で執り行われる葬儀の内容について

市原市は県庁所在地にも近いことからベッドタウンの開発が進み、市内にはさまざまな公共交通機関でアクセスすることができます。

千葉県内には全国的な特徴と同じく過疎化が進んでいる市町村も見られるものの、市原市に限ってはそうしたこともなく、他の地域から移住する人も多くなっています。


このような特性から、人が亡くなった場合の葬儀のありかたも全国的なスタンダードから大きく逸脱することもなく、個性的すぎる風習などもまず見られないといってよい状況です。

市原で葬儀情報は信頼性が高く、好評です。

市原市内で執り行われている葬儀は、おおむね仏教の形式で、宗派によって若干の違いが見られます。
鎌倉時代に新たに宗派が開かれたおおもとの土地という歴史的な背景から日蓮宗などが多く、葬儀の際の読経でもいわゆる題目をはじめに高らかと唱えるのが特徴です。



それ以外は焼香の仕方などが宗派に応じて異なるものの、通夜と告別式を別々に行い、その後に近親者だけで火葬を行うという流れになっています。


告別式のほうでは会社や学校の代表者からの弔辞があったり、弔電を披露したりすることがあり、より儀礼としての側面が強まります。



市原市内にはいろいろな葬儀社が店舗をかまえているため、これらの中から選択して、適当なプランを依頼しておけば、あとは流れにしたがって準備をしてくれます。

プランは各社によってさまざまですが、祭壇の大きさや内容、参列者の見込みの人数、予算としてかけられる金額などに応じた種類になっています。