雨漏りの大半は屋根修理で治る!

建物にとって雨漏りは致命的です。何らかの理由によって雨漏りしている住宅の多くは、屋根の修理で治せることがほとんどです。建物の上からポタポタと雨漏りを感じて発見することもありますが、雨が降っていない日に天井を見上げて、濡れたようなシミがある場合は雨漏りしている可能性が高いです。そういったシミを見つけた場合は、即時業者を呼ぶことがオススメです。

修理せず、放っておくと、屋根裏は雨が当たったり、濡れるといったことは想定されておらず、十分な防水、撥水対策が講じていない場合が多いです。そういった場所に水が当たると屋根裏の場合は雨が降っていなくても、日が当たらない為、乾ききらず、カビが生えて来たり、場合によっては木が腐ってしまうこともあります。腐ってしまうと、簡単な修理で済まなくなることもあるので、発見した時点で、修理業者を呼んで修理をすることをお勧めします。多くの雨漏りの場合、屋根に原因があります。

瓦の場合は、瓦と瓦の間の接地面が築年数が古くなることで、ゆがみやなどで隙間が出来てしまい、そこから漏れるといったことが多くなります。また、瓦材でなくても屋根が経年劣化で隙間がきたり、気付かないうちに、小さな穴が開いていることもあります。そういったことが原因で漏ってしまうといったことになります。そういった場所は、自分自身で改めて見るといったことはほとんどなく、気付かないうちになることが多いです。

その場合もその部分だけ変えれば良いので、意外と大騒ぎにならないことも多いです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*