なったらこんなに困る屋根の雨漏り

そもそも、屋根の雨漏りといえば一戸建てのことでマンションは関係ないと思うかもしれませんが、マンションでも特に築年数の古いものは他人事ではありません。梅雨の時期、毎年雨漏りが心配になります。今年の関東は梅雨らしい梅雨がなかったため、雨漏りでお困りの家はあまりなかったかもしれません。なぜ、屋根が大切かというと、屋根から入り込んだ水は壁や柱を伝って地面まで届くことがあります。

その途中で家の建材を湿らせ、通気がとれていないと乾かずに腐ってゆくからです。木造はもちろん鉄筋コンクリート、鉄骨など、どんな構造の家でも同じです。それが家を弱らせて地震がきたときはもちろんですが、ひどいときだと自然に倒壊してしまう危険もあるのです。家を建てたあと、長く安心して住み続けるために雨漏りを防ぎ、なってしまったとしても早期発見して対処することが重要となっています。

人間が癌になるのと同じで早めの発見であればなおすこともしやすく最小限の費用で済みます。癌であれば定期的に検査をしているように、住宅も定期的に検査をすることが理想的です。傷みなど目に見える症状が発見されたときにはステージも進行していることが多いといえます。温暖化で梅雨が明けてもにわか雨や一時的な豪雨が多くなるといわれています。

まだ雨漏りをしていないと思っていても専門家に見てもらうことをお勧めします。特に重要な屋根は、屋根裏と瓦の間を見てもらわないとわからないものもあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*